MENU

勉学に専念できる生活を

男性

良心的な家賃が基本

大学生が一人暮らしをするにあたって、部屋探しは重要なポイントです。安心して勉学に励める周辺環境と、相応の室内空間が求められます。大学生の一人暮らし用の部屋は、ワンルームタイプが主流です。その家賃相場は、全国平均で5万円ほどです。一般的に、都市部の学校の周辺や駅に近い物件ほど家賃は高く、地方地域ほど安くなります。たとえば、東京都内の大学生向けの部屋は、6万円前後が相場です。一方、郊外に位置する一人暮らし向けの部屋の場合、2万円から3万円で済みます。都市部の物件は、高額ながらも住みやすさに定評があります。具体的には、設備面やセキュリティ面が充実している点です。設備に関しては、追い炊き機能付きの風呂やエアコン完備などです。大学生向けの物件は、シンプルな室内設備が多い状況です。しかし、便利な機能を足すことで、入居者を途絶えさせない工夫を凝らしています。また、セキュリティ対策として、モニター付きチャイムを導入しているケースもあります。一方、地方の物件は、広めの間取りが特徴です。収納場所も十分に確保されているため、生活空間にゆとりが生まれます。中には、管理費のほか、駐車・駐輪料金が不要な物件もあります。最近では、大学生にもルームシェアタイプの部屋が拡大しています。これは、一人暮らしの気ままさを確保できる間取りで、家賃を2人もしくは複数人で負担して支払います。よって、出費を抑えられるメリットがあります。

Copyright© 2018 大学生で一人暮らし用の部屋を探したい!予算にあった住まいを発見 All Rights Reserved.